大人ニキビの薬の成分は?

大人ニキビは、一度できてしまうと完治させるのが非常に困難な代物です。
あまりにも症状がひどい場合は、薬の力が必要となります。
ということで、大人ニキビの治療には様々な薬品が開発されています。

アクアチムは、アクネ菌、黄色ブドウ球菌の殺菌に効力を発揮します。
白血球に働きかけ、活性酸素の放出を抑えます。
サリチル酸は、大人ニキビの原因ともなる角質をはがすピーリング効果があります。
グリコール酸も、角質・角栓を取り除く効果があり、ピーリング石鹸などとして利用されています。

レチノイン酸(トレチノイン)は、角質を薄くし、皮脂線の分泌を抑える効果があります。
皮膚科で処方されますが、高価な点が難点です。
肌に赤い発疹ができるなどの副作用もあります。
そこで、代用品として、副作用が比較的少ないアズバレン、レチノール(ビタミンAの別名です)が処方されることもあります。
ビタミンC誘導体は、ビタミンCとリン酸の化合物です。皮脂の分泌を抑え、肌のシミを抑える効果もあります。

※プロアクティブについて真鍋がお答え!

……この記事の全文をみる