大人ニキビの治療薬に抗生物質が使われる?

大人ニキビの治療薬には、抗生物質が用いられることもあります。
テトラサイクリン系、マクロライド系、セフィム系、ニューキノロン系が代表的ですが、発疹や下痢などの副作用を伴うケースもあります。

大人ニキビの治療のために皮膚科へ行くというのは、特に若い女性は抵抗感があるという人は多いようです。
そこで、市販薬に頼るという人も、かなりの数に上ります。

処方薬と比較すれば、有効成分の濃度は低めなのが一般的です。
また、添加物が混入され、アレルギー、接触性皮膚炎の原因となることもあります。
使用後に症状が悪化するなどの異常を感じたら、すぐに皮膚科の診察を受けるべきです。
また、「治療を受けるほどではない」のならば市販のニキビケアにも優れたものがあります。たとえば、プロアクティブはニキビケアとしては日米NO,1の超優良製品。よほど効果に自信があるのでしょう、「60日間返金保証」を謳っていいるのが特徴です。約2ヶ月間試してみて「肌に合わない」など気に入らなければ60日分の代金を返金するというのですから、ニキビで悩む人にとって「試しても損のない話」ではないでしょうか。

ニキビ悩みも解消!<プロアクティブ>安心の60日間返品保証



……この記事の全文をみる